ストック建築設計事務所blog

ストック建築設計事務所blog

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として住宅・店舗・施設建築・集合住宅の設計をおこなう一級建築士事務所のブログです。
プロフィール

stock-architects

Author:stock-architects
ストック建築設計事務所
大阪府箕面市箕面4-13-23
072-720-0781
minoh@stock-architects.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
QRコード

QRコード

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130710 Wed
終点となりました 

終点となりました 

奈良県の王寺町に建てる住宅の工事経過です。
工事は外構工事と内部も残工事や手直しが残ったまま
ご家族は昨年末に住い手は引っ越しされました。

引っ越し前から数回に渡り外構の打ち合わせをおこないましたが、
住い手に良い感触がなく、私も新たに提案をせずに、返事を待つ状態で
時間だけがズルズルと過ぎていきました。

今回の工事は住まい手は建設会社に勤められている専門者のため
付き合いのある業者さんに各工事を直接発注する直営工事で、
年末ギリギリまで各業種の職人さんたちが現場へ通い、
引っ越しはされても、どの時点で竣工したのか分からず、
私自身も片手落ちの現場監理でした。

先日、住い手から外構工事が終わったとのメールが届きました。
住い手みずから外構を計画されました。
私の提案は旧集落に建つ建物なので、庭を囲んで門屋を作る内容でしたが、
その分庭が小さくなる点が気になっていたのですが、
メールに添付されていた写真は門屋がなく、植栽を密に植えていて
目隠しになる仕上がりになっていました。

completion.jpg

確認も兼ねて来て下さいとのお誘いがあり、伺いました。
出来上がった外構は数多くの雑木を組み合わせた植え込みと
スロープに近い勾配の階段が続き、伸びやかで落ち着きのある
良い外構に仕上がっていました。

奥さんに用意してもらった美味しい昼食をとりながら
プランニングから工事中のことや、引っ越されてから
気づいたことなど話が弾み、あっという間に昼下がりになりました。

いつもと勝手が違い、私の現場監理は中途半端でしたが
心のこもった労いに幸せな時間を過ごせました。

各駅停車のような現場でしたが、幸せな終点を迎えました。
ありがとうございました。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

スポンサーサイト
20121026 Fri
各駅停車の現場 

各駅停車の現場 

奈良県の王寺町に建てる住宅の工事経過です。

暑い最中の上棟から時間が経ち、中間検査も問題なく合格でき、
季節も秋となり、まもなく竣工間近・・・ がいつもの流れですが、
現場はまだまだ続きそうな様相です。

住まい手は建設会社に勤められている専門者のため
こだわりもあり一つ一つの工程をじっくりと考えて確認しながらの工事です。

断熱材の仕様も途中で変わり、低発泡ウレタン断熱を吹付けました。

各駅停車の現場-1

浴室は2階にあり、在来で作ります。その浴槽はホーロー製です。
その浴槽の裏側にも発泡断熱を吹付けています。

各駅停車の現場-2

住い手の集中力とこだわりの姿勢は私も見習おうと思います。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20120810 Fri
雨のち晴れのち雨のち晴れの上棟 

雨のち晴れのち雨のち晴れの上棟 

奈良県の王寺町に建てる住宅の工事経過です。

少し前になりますが現場は上棟しました。
2日で上棟作業を予定していて、前日から良い天気は望めず
住まい手、大工さんと協議の末、決行。

当日の朝は小雨程度で、直ぐに止み、晴れてきました。
強烈な日差しが続くと思われた途端、今度は急激に
しっかりとした雨脚。雨の中、大工さん達は作業継続。
しばらくすると、雨から一転青空に変わり、
このまま夕方まで晴天が続くことを期待しましたが、
再び大雨。乾燥していた構造材も雨が滴り落ちる状態でした。

上棟-2

上棟-1

それでも、大工さん達は休憩も取らず、構造材を組み上げ、
作業が終わる頃には、降り続く雨がいつの間にか、
鮮やかな夕焼けに変わってきました。

濡れながら作業で、いつもより体力を使ったと思いますが、
事故も無く、無事に上棟を迎えることができました。

作業終了後には住まい手から直来をして頂き労ってもらいました。
ありがとうございました。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20120726 Thu
構造材の検品とプレカット打合せ 

構造材の検品とプレカット打合せ 

奈良県の王寺町に建てる住宅の工事経過です。

現場で基礎工事の途中に構造材の検品とプレカットの打合せに
宮崎へ行ってきました。

構造材を出荷してもらうのは都城木材株式会社さんです。
拙宅の構造材を出荷してもらってから10年以上の付き合いになります。

今回は始めに新工場の宮村工場を見学。
検品-1

検品-2
製材後に出る残材をチップに加工して乾燥釜ボイラーの燃料として
利用しています。ゴミゼロを実践しています。

次に本社工場へ場所を移し、今回出荷する構造材の検品をおこないました。
検品-3
構造材の量は21㎥を超えます。

検品-4
含水計で測っているところ。乾きすぎています。
写真のような計測では木材の元口、末口や含水計を当てる位置で
バラつきがでるため、おおよその計測になります。

都城木材はJAS認定を取得しているため、集荷する材料の等級区分もできます。
今回は特別に出荷する構造材の含水率と材木強度を
グレーディングマシーンにて計測してもらいました。

検品-5
グレーデイングマシーンです。

検品-6
出荷される全ての構造材の寸法、重量、含水率、ヤング係数が印字されています。
木材の含水率が手で測った含水計と合致しています。
ヤング係数も基準を超える数値が多く、強度を確保されていることが判ります。

検品のあとは直ぐに、今度は宮崎市内にあるプレカット工場の
ランバー宮崎協同組合へ移動。
特殊加工の確認をおこない、今回も日帰りで打合せを終えました。

プレカットの加工が終われば、上棟になります。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20120718 Wed
現場は基礎工事が終わっています 

現場は基礎工事が終わっています 

奈良県の王寺町に建てる住宅の工事経過です。

現場の方は鉄筋の配筋、型枠組立、コンクリート打設、
養生後の型枠解体まで進み、基礎工事は終わりました。

基礎-1
鉄筋の配筋途中です。

基礎-2
コンクリート打設中です。

基礎-3
型枠解体後に埋め戻しも終わり、基礎工事は終了です。
上記2枚の写真は住まい手からの提供です。

私は基礎工事中に九州宮崎にて構造材の検品と
プレカットの打合せをおこないました。
後日、ブログに内容を報告します。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。