ストック建築設計事務所blog

ストック建築設計事務所blog

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として住宅・店舗・施設建築・集合住宅の設計をおこなう一級建築士事務所のブログです。
プロフィール

stock-architects

Author:stock-architects
ストック建築設計事務所
大阪府箕面市箕面4-13-23
072-720-0781
minoh@stock-architects.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
QRコード

QRコード

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20081030 Thu
西宮住宅の検査合格 

西宮住宅の検査合格 

西宮二世帯住宅の工事も検査機関の検査を受け無事に合格。
完了検査済書とフラット35合格の適合証明書を受取りました。
住まい手と工務店、私との3者立会いの竣工検査も問題なく
労いと感謝の気持ちを頂きました。

先週末には引越しをされました。全ての工事が終わってから
お渡ししたかったのですが、工事中の仮住まいの関係で
引越しを優先。外構工事が残り、今週も引き続き現場に
通っています。

西宮住宅の検査合格

カーポートの部分は住まい手のこだわりでアンティークレンガを
敷き込んでいます。重厚な感じです。

来週には植栽の仕上げ、その後は追加された棚などを
取り付ける作業のみとなってきました。


竣工写真がこちらにてご覧になれます。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

スポンサーサイト
20081003 Fri
西宮住宅もあと少し 

西宮住宅もあと少し 

西宮二世帯住宅の工事も終盤に差し掛かったきました。
各工種の職人さんで賑わっています。(現場は必死ですが)

西宮住宅もうすぐ

個室の壁・天井の仕上材は「チャフオール」を使っています。
(ホタテ貝殻やもみ穀を使った天然素材で、抗菌性や吸湿性に優れ、
消臭効果も発揮する画期的なものです。)カタログから抜粋

私はこの材料を使うのは初めてで、住まい手からのこだわりの
指定です。作業をみていると、水性塗料とあまり変わりません。
竣工後の経過が楽しみです。

現場監理の後、外構の仕上材の確認のために取扱い業者がある
丹波篠山方面に向かいました。(この材も住まい手のこだわり)
現地で材料を確認後、見積を依頼しました。

昨日は天気が良く、丹波路の風景は収穫前の稲穂と
風に揺られるススキが絶妙で実りの秋を感じる一日でした。


竣工写真がこちらにてご覧になれます。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20080905 Fri
西宮住宅の断熱工事 

西宮住宅の断熱工事 

一昨日から西宮二世帯住宅は断熱工事を行なっています。
セルロースファイバー(古紙を裁断した材料)を壁の厚みいっぱいに
吹き込む工法です。断熱性能が優れているだけでなく
材料が古紙なので、室内の湿気を吸取る作用があり、
隙間無く充填できるので、熱損失が少なく、内外の音も
吸音します。紙ですが、壁の中に入れるため難燃処理も
されていて、もしもの火災にも対処できます。

出来上がった室内は静かで湿度も各季節の一番良い
状態を保っている感じで、過ごしやすく断熱の効果を
感じます。(文字では説明難しいですが、ホント良いです)

西宮断熱工事

工事の担当はECO断熱の神谷さんが職人さんを連れて
兵庫県高砂市から現場に来てもらっています。
セルロースファイバーを使用したのは、私の設計では今回で
4件目で全てECO断熱さんに担当してもらっています。

この工種も分離発注でおこなっています。
適正な価格で住まい手に提供できる方法です。

断熱工事が終われば、内装の仕上に進みます。
工事も残り1/3ほどになってきました。


竣工写真がこちらにてご覧になれます。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20080812 Tue
現場も夏休み 

現場も夏休み 

西宮二世帯住宅も本日から現場が盆休みに入りました。
現場は作業をしていないので、ゆっくりと住まい手ご家族に、
今までの現場の状況や変更になった部分の説明を聞いてもらい、
外壁、タイル等のサンプルを確認してもらいました。

工事は半分を超えたぐらいの状態ですが、部屋の配置が
わかるので、子供さんは自分達の部屋に入り、梯子でロフトに
登ってどちらが自分の部屋になるか、楽しい話し合いです。

週明けからはまた、工事が再開され寒くなる前の竣工を
目指します。


竣工写真がこちらにてご覧になれます。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20080710 Thu
西宮住宅のフラット35と中間検査 

西宮住宅のフラット35と中間検査 

西宮二世帯住宅の現場にて中間検査とフラット35の検査が行なわれました。
新築現場での中間検査は何度も受けていますが独立後、
フラット35を利用したことがなかったので、どのような検査になるのか
見当が付かず、予定時刻前に現場の状況を確認していました。

予定時刻に指定機関の検査官が現場に来られ、外回りから新築建物配置を確認。
そのあと、間取りを見ながら、耐力壁、構造金物の取付位置を確認。
最後に建物の階高を採寸。時間にして1時間ほど掛かりました。

問題点もなく、この後にフラット35の検査官が別に来るのかと思っていましたが、
兼用で見ているとの返答でした。(なんか肩透かしでした)
いつも受けている検査では15分ほどで終わることが多いので、
フラット35を利用しているため、現場での検査時間が長かったのか、検査官の
いつもの姿勢なのか解らなかったのですが、翌日には合格書を用意できるとのことなので
工事を停めることなく、引き続いて進めることができ良かったです。

検査も終わり、これからは、造作、納まり、設備との取り合いなど、密度の濃い
現場監理になります。


竣工写真がこちらにてご覧になれます。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。