ストック建築設計事務所blog

ストック建築設計事務所blog

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として住宅・店舗・施設建築・集合住宅の設計をおこなう一級建築士事務所のブログです。
プロフィール

stock-architects

Author:stock-architects
ストック建築設計事務所
大阪府箕面市箕面4-13-23
072-720-0781
minoh@stock-architects.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
QRコード

QRコード

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20081128 Fri
既存の骨組み 

既存の骨組み 

箕面にて現場監理が始まっている、移築された
数奇屋普請の家の増改築の工事状況です。

箕面移築の増改築-4
既存の浴室部分の壁を取り除き、増築する部分の
遣り方の写真です。

箕面移築の増改築-5

既存の浴室は、移築された後に建て増しを40年前に
おこなったものです。桁に使われている材料は根太欠きの
後が残っていて、違うところから転用されていることが
解ります。材料を無駄にせず大事に思っていたのか、
ケチっていたのかは解りませんが、見ていて楽しいです。

箕面移築の増改築-6

隅柱はさすがに傷んでいます。この柱以外にも入替える
柱、土台もありますが、改築の良いところは、
劣化している部分の把握ができ、人間の体に例えるならば
外科手術を施すことで、その部位の再生が可能なことです。

増築部分の遣り方が終われば、基礎工事と同時に
既存基礎の補強もおこないます。


竣工写真がこちらにてご覧になれます。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

スポンサーサイト
20081126 Wed
移築の増改築 

移築の増改築 

地元の箕面にて1ヶ月ほど前から現場が始まっています。
個人住宅ですが約50年前に現在の敷地に移築された
建物を今回、水廻りを中心に少しの増築と既存修理の内容です。

既存建物は数奇屋普請で作られていて、玄関は鶯張りの
床になっていて、歩くとキュキュッと鶯が鳴くような音が鳴ります。
天井は、め竹の隙間から漆喰を搾り出した、燕天井の仕上げ
各部屋もディテールが全て異なり、か細い材料で細工されていて
個人住宅ではあまり、目にすることのない住まいです。

箕面移築の増改築-1
門屋です。細かな細工が施されています。
屋根が下がっているので、建ち起こしと屋根を葺き替えます。

箕面移築の増改築-2

屋根も複雑ですが、美しくまとまっています。
内部の間取りと屋根の位置が違うので、プランニングは
凄く苦労しました。

箕面移築の増改築-3

今回は右端に移っている水廻り(浴室)を台所に変え
既存台所に浴室を移動。庭側に少しの増築の計画です。

本日は昼から、増築部分の建前の打合せをおこないます。


竣工写真がこちらにてご覧になれます。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20081121 Fri
滝道の紅葉みごろ 

滝道の紅葉みごろ 

大阪にも木枯らし1号が訪れここ何日か
寒い日が続いています。

昨日、朝一番の現場での打合せでは、屋根にかけていた
シートに溜まった雨水が凍っているのを見つけました。

朝の散歩コースの滝道の紅葉も今が見頃です。
大阪では箕面の滝は紅葉が有名でこの時期は
たくさんの方々が来られます。

紅葉もみごろ

鮮やかなモミジ。秋の深まりを感じます。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20081117 Mon
薪ストーブの火入れ 

薪ストーブの火入れ 

一雨ごとに秋が深まってきました。
この週末は拙宅の薪ストーブの火入れをおこないました。
その前にも肌寒い日があったのですが、手持ちの薪が無く
現場の端材を掻き集め、ようやく準備が整いました。

薪ストーブの火入れ

火が灯ることによって、包み込まれるような
暖かさだけではなく、落ち着きと贅沢な気持ちになります。
今年のSTOVE LIFEの始まりです。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20081111 Tue
わからないことがわからない 

わからないことがわからない 

昨日は東京から建築専門誌の編集者Tさんが来られ
来年発売の誌面特集の相談など打合せをおこないました。

内容は、建築確認申請の4号(木造住宅)特例の廃止
瑕疵担保の施工により、申請時や保険加入時の床伏図の
添付が義務付けられることが予想されいる情勢で
この内容に対して解りやすいマニュアル本の企画です。

Tさんと話をしていく中で、「木造住宅を設計する機会がある
設計者は全ての方が床伏せ図を作図しているのでしょうか?」と
質問され、私も解りませんでした。床伏図に限らず
設計の密度によっては、どの部分に視点を持ちながら
考えているのか分からないですねぇ~との私の答えで
二人とも「わからないことがわからない」と堂々巡りになりました。

そこでTさんの了承を得て、このブログを見られた方で
在来木造住宅の構造に的を絞って疑問・質問を受け付けようと
思います。専門者以外の方でも興味があれば
コメントをもらうか、当事務所までメールを頂ければ幸いです。
全然来なければかなりショックですが、本日から2週間程の
期間でお待ちしております。下記がメールアドレスです。

e-mail   minoh@stock-architects.jp

よろしくお願い致します。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20081106 Thu
滝道の紅葉はじまり 

滝道の紅葉はじまり 

朝の散歩コースの滝道も色付きはじめました。
林道の中にある桜は鮮やかな色です。

箕面紅葉始まり-1

11/7・8両日には箕面七日市と今年最後の護摩の市が
おこなわれる予定です。天気が心配ですが・・・

箕面の紅葉始まる-2

護摩の市が開かれる芝生広場のケヤキが見頃です。
山全体が彩られるのはもう少し先ですが、
日ごとに鮮やかさを増す滝道です。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20081104 Tue
秋のサーフィン 其の二 

秋のサーフィン 其の二 

週末に二週続けて海に行って来ました。
先週と同じポイントをチェック。5人ほどのサーファーがいました。
波の大きさはセットで胸から頭。波数が多く昔なら躊躇せず
海に入っているところですが、延々パドルになる可能性が高く
違うポイントに移動。

秋のサーフィン 其の二

結局入ったポイントは波の大きさは胸ぐらいで、
セットの間隔もあり、丁度良かったです。
私を含め3名のサーファーしかいなかったので、
海が貸しきり状態でした。

先週、海から帰ってきてから、筋肉痛が残っていましたが
腕立て伏せを続けていたお陰で、持久力は少し付きました。
あとは、テイクオフのタイミングですが、中々、昔には戻れません。

水は先週に比べ冷たくなってきましたが、
サーフィンは楽しいです。何時行っても体を動かせるように
日々準備をしようと思います。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。