ストック建築設計事務所blog

ストック建築設計事務所blog

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として住宅・店舗・施設建築・集合住宅の設計をおこなう一級建築士事務所のブログです。
プロフィール

stock-architects

Author:stock-architects
ストック建築設計事務所
大阪府箕面市箕面4-13-23
072-720-0781
minoh@stock-architects.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
QRコード

QRコード

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100925 Sat
花鳥画展と抹茶 

花鳥画展と抹茶 

先日、奈良に用事があり、子供達には留守番をしてもらい
夫婦二人で出掛ける機会がありました。

思っていたより予定していたことが早く終わり、
時間があったので近くにある松柏美術館へと向いました。
花鳥画展を振り返る企画展がおこなわれていました。
過去の公募展受賞作が展示されていて、ゆっくり観賞できて
どの作品もじっくりみると落着いた気分になります。

当日は美術館横にある邸宅の旧佐伯邸の内庭が開放されていました。

花鳥画展

住宅の設計は村野藤吾。住宅内部の見学が出来ないのは残念でしたが
内庭で抹茶を頂きながら一服。久しぶりの夫婦でのお出かけでした。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

スポンサーサイト
20100917 Fri
住まい手との時間 

住まい手との時間 

先日、住まい手からメンテナンスに伺った後に
「時間があれば、ワインを囲みながらの食事はどうですか」との
お誘いがあり、喜んでおよばれさせてもらいました。

当日は、住い手の友人にも声を掛けられていて
お披露目とお祝いも兼ねたような感じでした。
住い手の友人はワインショップのオーナーをされていて
差し入れのワインは手に入りにくい物で、この機会がなければ
私は飲むことが出来なかったと思います。(凄く良かったです)

住まい手との時間

ワインも食事も美味しく、尽きない話題に昼下がりに
始まった宴の部屋から見える景色は夏の暑さを残す青空が
あっという間に夕暮れから星空に変わっていきました。

話題の中に住まい手から「始めて聞くことですね」と
言われたときに、よくよく考えると、少しの雑談はあっても
設計打ち合わせ中は実現する前の空間や建物の説明、
工事中は途中の経過報告になるので、専門者としての
意見や話題が主になっていました。

この日のように仕事を離れての時間の時には、
プライベートの事などでも盛り上がり、楽しさだけではなく
住まい手との出会いからの時間が今までとは違う
付き合い方の時間の繋がりに変わっていくのを感じました。
誘って頂いた住まい手に感謝です。良い時間を過ごせました。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20100909 Thu
残念!ナビスコ・カップ 

残念!ナビスコ・カップ 

昨晩は子供のサッカーチームからJリーグ ナビスコ・カップの
観戦の誘いがあったので、試合会場の万博記念競技場へ。
2年ぶりのJリーグの観戦です。

試合前は地元であるガンバ大阪が勝ちあがることが
当然のような雰囲気がありました。
しかし試合が始まり落着きだしたところで、いきなりガンバ側に退場者。
その後、時間をおかずにサンフレッチェ広島が先制。
まだ、前半も終わらない時点で跳ね返すような強さが見えませんでした。
後半追加点を取られ、反撃は出来ましたが、タイムアップ。
この時点で今シーズンのナビスコ杯は終了。残念!

消化不良のナビスコ杯

試合後のサポーターの足取りも重そうでした。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

20100905 Sun
子供とサーフィン 其の二 

子供とサーフィン 其の二 

先日、始めてサーフィンに連れて行った子供達を
この夏中にもう一度、連れて行きたい思っていましたが
上手い具合に時間が空いたので、再び海へ。

今回は台風の影響を期待しながら前回と同じポイント
伊勢国府の浜に向かいました。

国府の浜は夏の終わりとは思えないほどの力強い太陽の日差しが
歩けないほど砂浜を熱く焦し、風は緩いオフショア。
波は期待はずれの大きさでしたが、それでも腰波でそこそこある
波数は子供の練習には良い条件でした。

子供とサーフィン其の二

早速、子供達はサーフボードを抱えて波間に。
私はビーチパラソルの影の中で波音と風を感じながら
うつらうつら、しばし休憩。

しばらくして、中々テイクオフが出来ない子供達に
アドバイスをするために、私も波間に。
海に入ってもホントに夏の終わりかと思う暖かさでした。

ここからは、当日の状況です。
私は子供達の横について波が来るたびに「GOGO!行けぇ~」を連呼。
何度も波にチャレンジする二人。
そして一本の波が来ました。
同じように子供達に、「今やぁ~」二人とも必死にパドル。
テイクオフどころか見事に波に巻かれパーリング(頭から突っ込む状態)
次男のボードは一瞬垂直になり一回転。私は嫌な予感!!
波間から出てきた次男は「お父~さん~」といいながら
サーフボードを見せました。私は絶句「・・・・・・・」
先端がポッキリと、くの字なりに折れ曲がっています。
しばらくは波間からその状況を見るしか有りませんでした。
カルフォルニアのプロサーファーがシェープしたボードの
寿命が尽きた瞬間でした。

でも、これは仕方のないことで、私も今までに数本のボードを
折りながらサーフィンを覚えてきたので(今回の状態は無いです)
そのことを子供達に伝えました。(反省の態度一切感じませんが・・・)
そのあとも残った一本のボードで交代しながら、夕暮れまで
サーフィンを楽しんでいました。

子供達はサーフィンに興味を持ったみたいでした。
次の夏も海に来れるように約束をして「来年は新しいボードを
一本買うか。安いやつ」と言いながら海をあとにし、家路に向いました。
アクシデントは起きましたが、良い時間を過ごせました。


関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建築設計事務所

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。